駅前通りの歩道整備要望 街路樹の根上りなど問題に

 私は以前から天童市の中心通りは「駅前通り」と認識しています。
夏祭りは「わくわくランド」へ、鍋合戦は「総合運動公園」へと移動し、町の中心部から目玉のイベントが無くなってしいました。商店街は寂しいばかりです。駅前の振興は、市の振興に繋がります。

根上がりし、凹凸の出た歩道

さて、このほど温泉商店会、ニュー天童商店街、本町商店街の代表の方々から「安全な歩道整備」のご要望を頂戴しました。駅前から天童温泉街へと続く歩道が街路樹の根上りで痛み、さらには街路樹から虫が落ちてきてお店に入ってくるなどの被害が出ています。早速、矢吹県議とともに7月26日、村山総合支庁建設部長に出向き、整備要望願いを行なってまいりました。その後、8月21日には商店街の皆さんや県職員と一緒に実際の現場を調査し、現状を確認。やはり、歩道の所々で傷みが目立つ箇所が多々ございました。また、街路樹が街路灯の明かりを邪魔する箇所なども見受けられ、問題となっています。今後は地元の皆様と、県と相談しながら整備を進めて参ります。なお、この路線は電線を埋設する無電柱化の要望もしております。

コメントは受け付けていません。