弘前公園樹木医に学ぶ 青森へ単独視察

 春の訪れを感じる桜の開花。山形市の霞城公園、天童市の舞鶴山公園などでは花見やお祭りが行われ、人出で賑わいをみせます。
ところがことし、天童市の舞鶴山山頂や市内のいたるところで、桜が五分咲きだったり、ひどいところではチラホラとしか咲かないという事案が発生しました。皆様の地域でも「ウソから食われた」などと話題になったのではないでしょうか。
人間将棋の舞台で、花見スポットでもある舞鶴山山頂ですが、ことしの桜はさみしい限りでありました。観光地としても痛手です。とても「桜を見にいらしてください」と言えるものではありませんでした。
そんな折、NHKで、弘前公園の桜を管理している樹木医・小林勝さんが大胆に桜を剪定している番組予告がありました。その予告を見ただけでも樹木医が関わる仕事ぶりがいかに大切かというのが感じ取れました。天童市には樹木管理は行うも、「樹木医」の常駐はいません。私はさっそく小林さんに視察依頼を行い、5月8日弘前市環境部公園緑地課で会う約束をしました。

コメントは受け付けていません。