平成の農政大改革

 農林水産省より米政策の見直しが打ち出されました。長年交付されていた米の直接支払交付金10アール当たり1万5千円が26年度より7500円に削減され、30年度からは廃止となります。また、飼料用米の支援が変更されます。助成内容も様々で、農家の方は選択方針が問われる冬となります。逆に天童市のように果樹園地帯の農業者で構成された組織には、新たに農地維持支払いが創設されました。これは農道の法面の除草など、「管理作業」等に交付されます。このほかにも地域の創意工夫の活動に支払われます。畑は10アール当たり2000円ほど。詳しくは関係機関にお問い合わせ下さい。

コメントは受け付けていません。