充実する放課後児童クラブ 3地区で新築

県内で天童市が一番
このたび天童市内に3ヶ所の学童保育所が新築されました。学区は北部小学校、成生小学校、津山小学校です。事業費は3ヶ所合わせて9600万円余りであります。
この事業は天童市の放課後児童クラブ整備計画により建設されました。山形県からは山形県放課後児童クラブ補助金が交付されております。25年度全体の交付金は12件の事業で1億800万円です。そのうち天童市は前述の3件で4300万円であります。このように山形県の放課後児童クラブ整備費のおよそ40%近くの交付金予算に天童市が関係していることになります。私も議会において学童保育の議員連盟に所属しており、他の地区の現状をお伺いすると、天童市が一番恵まれています。
今年も干布小学校、荒谷小学校学区に建設の予定と聞いております。
天童市の放課後児童クラブは山形県内で一番恵まれた環境の中で運営されていることをご認識ください。
ますます充実する放課後教育活動にご期待ください。
 

コメントは受け付けていません。