高畠中を視察 中学校再編 待望の新校舎誕生

中学校再編 待望の新校舎誕生
総工費52億円

 高畠町(人口約2万4千人)は町内にある4つの中学校を閉校し、今年4月から1校に統合した新校舎(生徒数679名)の供用を開始しました。
 人工芝のグラウンド(サッカー場)に全天候型陸上競技場トラック(400m)、大規模な校舎と、県内でも話題になったビッグプロジェクトです。私も5月に最先端の中学校の姿をひと目見ようと単独視察に伺いました。
 視察には同町選出の島津良平県議会議員の紹介で同校の教頭先生や教育次長、施設係長などの方々から説明を受けました。
 まず驚くべきは52億円という総工費。天童市に新築した天童一中は22億円、同二中、三中のリニューアル工事が6億円ですから、その規模の大きさが分かるかと思います。
 高畠町では10年ほど前から中学校の閉校、再編計画がはじまりました。その後、平成20年に1校への統合計画が打ち出されると「地区から子どもの姿が消える」「なぜ1校に統合なのか、2校ではだめなのか」など地区民から反対の意見があがりました。その後、現新校舎の案が示されるとさらに「高額すぎる」と町議らから猛反発を受けたそうです。しかし、地区の説明会が300回ほどに達したころ、廃校になった地区の生徒に「のびのびと学校生活を送ってもらいたい」「利便性の良い施設で学業に励んでもらいたい」という行政の想いが徐々に浸透していきました。反対の声が減り、逆に町の誇りになるような新校舎であるべきとする意見が尊重されました。
 ことし4月開校前に催された内覧会には5千人を越える来場があり、その注目度の高さがうかがえます。現在では学校を主体とした振興策や住民サービスの向上も模索されており、今後、町のシンボルになっていくことは間違いありません。
 行政がビッグプロジェクトを行うとき、必ず反対の声はあります。しかし、首長が決定を下した際には職員が想いを一つにし、誠意を持って町民の方に説明を行う。これがこの事業を成功に導いてくれました。「場所を決めるのも大変でしたが、結果最適地でした」このときの次長の顔の笑顔がとても印象的でした。

天童市 投票所を半数に削減

「投票の機会無くすな」

「出前」期日前投票所拡充を

 天童市では平成25年7月より順次、投票所の統廃合が行われ、53カ所あった投票所が約半分の27カ所まで削減されました。全国的に投票率が下がり続けるなか、利便性が失われ、更なる投票率の低下が懸念されます。山形県全体を見ても、これほどの削減は群を抜いています。単に減らすだけでなく、投票の機会を広く確保する施策も必要ではないでしょうか。

投票所統廃合 市内53→27ヵ所

昨年12月に施行された衆議院選挙の投票率(県内)は54%ほど。対して昭和51年の同選挙投票率は85%を記録しています。我が県の投票率のグラフを見ると、20歳代前半が35%で一番低く、60歳代後半で一番高い78%です。若い方にもっと投票してもらえるような仕組みづくりを早急に行うべきでしょう。
そのためには期日前投票を促す施策が必要となります。期日前投票を利用した方は全体の約3割ですが、若い方が多く利用しています。理由としては「わずらわしくない」「自分の時間に合わせていける」など。統廃合によって投票所が無くなった地域には「出前」による期日前投票所の設置や、県外ではショッピングセンターなどを活用している事例があります。
今国会には、公職選挙法の改正案が提出されており、選挙で投票できる年齢が現在の20歳以上から「18歳以上」に引き下げられる見通しです。早ければ来年夏の参議院選挙より実施され、若い方々の声が政治に反映される点が期待されています。しかし、18歳と言えば高校3年生です。政治に対する関心が薄く、判断力も不十分と心配する声も聞かれます。そして、投票に行ってくれるのか。今後は中学・高校で選挙の重要性を説く「選挙教育」が必要となります。また、我々議員も、若い方々に関心を持ってもらう政治活動が求められます。
投票所には多額の税金が投じられていますが、天童市は統廃合によって経費を約2割削減できたとしていますが、投票率が下がっては元も子もありません。
若い方の投票率をアップさせるためにも行政・議員、社会全体で改善していく必要性があります。

高齢者に優しい選挙を目指そう 投票の権利は民主主義の基礎
「遠くなって歩くのが大変」 窪野目地区高齢者

蔵増地区(窪野目)の高齢者の方々に話を聞いたところ、「遠くなって歩くのが大変」「知っている人がいなくなった。なんとなく行きづらい」「面倒になった」などと意見を頂きました。
窪野目の地区民は県道を越え、蔵増北公民館に出向かなければなりません。このような事案は農村集落部の高齢者からも聞かれます。
投票率が一番高い層から投票の機会を奪いかねません。『投票の権利は民主主義の基礎』であります。
今年9月には天童市議会議員選挙が行われます。高齢者に優しい施策を早急に考えていかなければなりません。

 

オール山形でさくらんぼPR

天童市、上山市の共同キャラバン

いよいよ、さくらんぼが本番のシーズンとなりました。以前、吉村知事がさくらんぼの被り物を身に着けてPRした姿には、農林水産常任委員会で私も賛成の立場で評価をさせていただきました。
この季節、県内外からたくさんお客様が訪れる観光果樹園を訪れます。今回、さらなるPRをしようと天童市と上山市の観光果樹園がタッグを組んで、宮城県にあるお互いの姉妹都市、多賀城市と名取市の児童を無料で招待しようと立ち上がりました。 続きを読む

岐阜県観光交流戦略 外国人観光客がリピート

先日、山形県議会において国際交流事業に盛んな県は岐阜県であることを学びました。早速、今回の視察を利用し、岐阜県庁の国際戦略推進課を訪れ、話を聞かせてもらいました。
岐阜県が国際交流に盛んな理由として、古田肇県知事が国の通産省、外務省出身で、個人的な海外ネットワークが豊富なことが一番の要因と言えます。そして、観光交流局長に古田菜穂子さんを起用し、精力的に活動しておられます。
続きを読む

「安全な国道48号線を」国に要望書を提出

ことし2月14日からの大雪で山形−宮城を結ぶ国道48号線が10日間にわたり、通行止めとなりました。そのため、同じ天童市選出の矢吹議員、東根市の野川議員、青柳議員の4名で3月25日、国土交通省と山形県関係の国会議員に「国道48号の防災対策の強化等を求める要望書」を提出に伺いました。

続きを読む

建設事業規模の縮小を再提案

 山形県民会館の老朽化に伴い、県では山形駅西に文化交流拠点施設の建設を予定しております。26年度予算には1億4700万円の基本設計を計上。その施設概要が12月定例会で示されました。しかし、その内容に対し、私が所管する総務常任委員会の議員から疑問の声が噴出。「市民会館と合築はできないのか」、「テルサが隣にあるのに小ホールは必要なのか」、「野菜工場には違和感がある」、「駐車場が不足するのではないか」などです。 続きを読む

モンテディオ山形本拠地移転発言「慎重な対応を望む」

市川昭男山形市長のサッカーJ2モンテディオ山形の本拠地を移転し、山形市にドーム型の競技場を県と共同で建設する構想の表明は、あまりにも唐突でした。天童市民の皆様は困惑されたことと思います。本拠地移転は産業・観光にも大きく関係してきます。
2月22日の県議会常任委員会では、我々議員に何も通達されていない点や、山形市の構想内容と県の折衝がどの程度行われているのか等と指摘し、慎重な対応をするよう要望しました。 続きを読む

県議会12月定例会 県内の根本的課題を追求

たくましい子どもの育成に向けた教育のあり方について
▼森谷仙一郎
私は様々な学校現場を視察し、学校評議員制、キャリア教育など、いろいろな取り組みを聞いたが、一人ひとりを尊重するあまり、困難な課題に向かっていく「たくましさ」が薄れているのを感じた。以前の子どもたちと比べると競争意識が低く、食べ物なども与えられるのを待っている生徒・児童が多い。「一緒・仲間・横並び」という価値観もわかるが、社会はぬるま湯につかったような生き方では生き抜けない。 続きを読む

子育て・農業・観光について質問「県議会9月定例会」

 9月24日、県議会9月定例会の本会議が開かれ、一般質問を行いました。内容は、喫緊の課題である農業大学校の施設整備や、子育て支援のさらなる拡充、原発被害の補償問題などを訴えました。さらに、特別支援学校の新設を改めて要望し、「東南村山の北部などに整備する方針」との回答を頂きました。今号ではこれら質問内容の一部を抜粋し、ご紹介致します。 続きを読む

特別支援学校 分校・分教室を天童へ

 先月の当県政報告で、村山特別支援学校楯岡校の現状について報告を致しました。3月12日に行われた予算特別委員会でも同学校の現状について県に訴えております。(下記に教育長の答弁内容を掲載)
同学校では、開設当初に予定していた児童・生徒数が倍増を続けており、これまで教室増築などで対応してきましたが、 続きを読む